学会誌論文掲載料補助その他

学会誌論文掲載料補助

1. 趣旨

専任教員が学会誌に学術論文を掲載する場合、必要な掲載料を補助します。

2. 補助対象者及び助成金額

  1. 本学専任教員
  2. 一教員あたり年間2件以内、総額5万円を限度とします

3. 補助対象経費

世界的または全国的規模の学会によって発行される逐次刊行物等への学術論文掲載料に限るものとし、印刷代、送金手数料等は含みません。

ただし、別刷り代を伴う場合はその支出を認めます。

4. 申請手続

申請書および、投稿規定等の参考資料を各学部事務担当、研究所事務室へ提出してください。

5. 刊行後の手続

刊行された学会誌等の別刷(コピーでも可)を提出してください。

6. 担当事務

研究開発センター市ヶ谷事務課(市ヶ谷及び多摩所属の専任教員)
研究開発センター小金井事務課(小金井所属の専任教員)

国際学術雑誌論文校閲料助成金

1. 趣旨

本学(専任)教員の学術研究の国際化を支援するため、国際学術雑誌への投稿論文に対する校閲料を助成します。

2. 助成対象者及び助成金額

  1. 本学専任教員
  2. 一教員あたり年間10万円(税金、外国送金手数料及び、銀行振込手数料を含む)を上限とします
  3. 単著の場合、助成上限額の範囲で全額助成
  4. 共著の場合
    1. 第1著者の場合、助成上限額の範囲で全額助成
    2. 第2著者の場合、助成上限額の範囲で半額助成
    3. 連絡窓口となる著者(コレスポンディング・オーサー)の場合、助成上限額の範囲で半額助成
  5. 外国へ送金する際に発生する送金手数料も申請者の助成金から支出します

3. 補助対象経費

国際学術雑誌(=外国語で書かれたもので学術資料として保管され、後に、第三者が閲覧可能なもの)への投稿論文に対する以下の校閲料

(A)国際学術雑誌への投稿前の校閲料

(B)国際学術雑誌への掲載が決定(アクセプト)、更に校閲を行う場合に生じる校閲料への助成

4. 申請手続

申請書および、申請書に記載の添付資料を、研究開発センター市ヶ谷事務課へ提出してください。

(※領収書または請求書に校閲した論文タイトルの記載がない場合は、その論文を校閲したことがわかる資料(業者への発注依頼メール等)を添付してください。)

5. その他

A区分(国際学術雑誌への投稿前の校閲料)に申請した場合は、判明次第、採否の結果をお知らせください。
なお、採否の結果を報告することを怠った場合は、助成額の全額を速やかに返還して頂くこととなりますのでご注意ください。

その他学内助成金

以下の学内助成金の詳細については、所管の事務部局へ直接お問合せください。

研究費名 お問い合せ先
特別個人研究費・個人研究費 所属学部の事務室・資料室、
研究所事務室
学会出張旅費補助
在外研究員など
国内研究員など
学会開催費補助
教育・研究指導出張経費補助
法政大学国際交流基金(HIF)による各種制度 国際交流センター