科学研究費助成事業 – 執行スケジュール

スケジュール (予定が含まれます。こまめにチェックしてください)

スケジュール 手続関係 説明
4月1日 【補助金分】【基金分】
〔継続〕の課題
執行開始
継続課題の場合は、4月1日より執行可能です。
前年度からの変更点がありますので、かならず取扱要領を確認のうえ執行を開始してください。
4月1日
(一部別途)
【補助金分】【基金分】
〔新規〕の課題
内定通知受領および
執行開始
新規採択課題は、内定通知受領日以降、研究費の使用が可能となります。
4月3日
~4月15日
(一部別途)
交付申請書・
交付請求書提出
【補助金分】新規採択者・継続者とも必要です。
【基金分】新規採択者のみ必要です。
4月下旬
~5月中
振込開始 本学研究者が代表の課題:
【補助金分】2016年度執行完了後
【基金分】4/下旬〔予定〕
※他機関研究者が代表の課題は、分担金配分通知の受領後
6月上旬~ 交付決定
通知受領
これを受けて他機関との分担金配分の授受を行います。
他機関への分担金振込みは、文科省・学振より送金が行われてから開始します。
6月頃 科研費説明会 執行についての説明会を行います。
9月中 40%執行 科研費は計画的に執行することが求められています。
目安として、9月中に40%、1月中に80%を執行するようご留意ください。
1月中 80%執行
2月中 【基金分】
〔継続〕の課題
支払請求書提出
【基金分】 継続の研究課題で必要です。
繰越申請期限 翌年度に繰越を行いたい場合はお知らせください。
年度を超えた繰越しが幅広く認められるようになりました。〔PDF
3月第1週
(必着)
支払申請
受付締切
(謝金以外)
3月第1週までに、支払い申請を完了してください(3月第1週金曜日必着)。
(3月2週目以降に出張や謝金の支払いがある方は3月2週目に入っても結構です)
3月依頼
4月学内提出
実績報告書
作成依頼
2016(平成27)年度全研究課題について作成していただきます。
3月依頼
5月学内提出
研究成果報告書
作成依頼
特定領域研究(領域代表者)、新学術領域研究、基盤研究、萌芽研究、若手研究の最終年度の研究課題について作成していただきます。
提出物:様式C-19